バモス ATミッション滑りに注意!原因は水混入?【掛かった修理代】

車種: ホンダ / バモス
型式: ABA-HM1
年式: 平成18年9月
走行距離: 105,000km

バモス エンジンが空転しATミッションの滑り

症状

夜間に激しい降雨の有った翌日に症状が発生。発進時力が無く走行中もエンジンが空転し、ATミッションの滑りが発生し、やがて走行不能に至った。
走行不可能状態から約2時間経過後の冷機状態になってから、辛うじて走行可能となった。

 

掛かった修理代は・・・

135,345円!

 

整備内容

走行可能状態の時にストールテストを実施すると、直ちにATミッションの滑りが発生し走行不可能状態に戻った。
ATF(オートマチック・トランスミッション・フルード)をレベルゲージで確認するとシャバシャバに白濁しており、水混入が一目で判別出来、油圧等の計測をするまでもなくミッション内部の不具合が断定可能な状態であった。

通例ATミッション内への水混入は、ラジエータ~オイルクーラー間のパンクであるが、事故歴等なくその原因の究明へと進んだ。
ラジエータ液減り及びラジエータ内へのATF混入跡なし。オイルクーラーホースからエアブローしてもラジエータ液側に吹き返しはなかった。つまりラジエータのパンクはない。

ATミッションの外観を注意深く観察したところ、三分割でボルトで組み付けられているケースの内の、中央のトランスミッションケースと後方のRサイドカバー間のパッキンがずれてちぎれ、はみ出していることが目視で確認出来た。ATミッションへの水侵入部位はこの位置からと判定し、またちぎれたパッキン部から水が入るのであれば、その横のブリーザーパイプからも侵入しているであろうと考察した。

この車両の駆動方式は後輪駆動の2WD・3AT、ミッドシップレイアウトの横置きエンジンで、リヤフロアーの下部にエンジンとミッションが配置されている。
しかし地面を叩きつけるような激しい雨の路面からの跳ね返りと、水没には至らずとも多少の水溜り走行があったことを推測させる。

パッキンがちぎれている箇所は、1速クラッチフィードパイプのOリング横であり、この回路から1速クラッチへ本来油圧を供給するが、1速クラッチ圧のリークにより3速発進となり、ATミッションの滑りへと拡大して行ったと解釈出来る。

その年式から最小限の費用での修理方法を選択する必要性が有ったため、地道に腕を揮う整備を実行、バルブボディの分解洗浄修正とクラッチディスク・クラッチピストンの交換を含むATミッションのオーバーホール、ラジエータは洗浄、トルクコンバータは中古品を使用の対応を採り、整備作業を完了させた。

交換部品

クラッチディスク、クラッチプレート、クラッチピストン、ガスケットキット、ATF、
トルクコンバーター リユース品

修理費用(工賃、部品代)の内訳

部品名

単価(円)

数量

金額(円)

交換工賃(円)

ATミッション オーバーホール

一式

68,800

クラッチディスク

1,200

7

8,400

クラッチプレート

490

7

3,430

クラッチピストン

3,170

3

9,510

ガスケットキット

8,050

1

8,050

ATF

1,150

6.2

7,130

トルクコンバーター リユース品

20,000

1

20,000

部品代合計

56,520

交換工賃合計

68,800

 

修理代合計(税込):135,345円

 

この修理代を払って“乗り続ける”か?

それとも、

“車を乗り換える”か!?・・・

さて、修理の規模は大から小までありますが、

この「愛車の修理」のタイミングで
知っておかないと
“大損”するかもしれないことが・・!

それは・・・

 

 

車は修理するだけで、損をする!?

 

車は、修理しても“払った代金”以上に、
“車の価値”が上がることはないので、

車を手放すのは、
「修理前」のタイミングがベスト!

なぜなら、
車を買い取る業者の多くは、

故障している買い取り車の修理を
自前、又は提携先の工場で行えるため、、

あなたがディーラーや整備工場などに依頼し
“工場の利益を載せて”払う修理代金よりも
安く直すことが出来ます。

なので、あなたが修理代に加えて手間を払い
車を修理に出したとしても、

車の価値(買取額)に反映されるのは、
払ったものに比べれば、

ほんのわずか”となってしまいます。

そして、結局すぐ売ることになったのであれば、
その修理費用の差額分を損
するわけです。

修理によっては、
数万~数十万円なんてことも!

私も昔・・・

乗っていた車のエアコンが急に壊れ、
大急ぎで近くの車屋に
診てもらったことがあったんです。

コンプレッサーなどの交換が必要だよ」と言われ、

こんな暑い中、一刻も早くと思い、

深く考えもせず、すぐに修理を依頼したんです。

その時は、総額15万円近くの
修理代金を払いました。

 

しかし、コンプレッサー特有の症状が再発・・!

1ヶ月も経たないうちに
再度、同じ修理をしなくては
いけなくなったんです!(泣)

結局、いろいろ古くなっていたので

修理は諦め、
車の買取をその車屋に依頼すると、

10万キロも超えてるし、
ほとんど値段はつかないよ。

と言われてしまいました・・・。
結局、その車屋には売りませんでしたが。

あなたは、愛車にあとどれぐらい乗りますか。

“どうしても長く乗り続けたい”というのであれば、
修理を選択するのがベストでしょう。

ただ、今少しでも

そろそろ“車を乗り換える”かも・・・

ということが頭の片隅にでもあるのであれば、
その修理をしてしまう前に、

まずは現在の“愛車の価値”を知り、
今すぐ、乗り換えもしっかり検討すること!

過去の私のような失敗だけは
絶対にして欲しくないものです。

さて、値段がつかないよと
言われていた私の車でしたが、

その後、ネットで査定してもらったところ、
結局、35万円の高値がついて売ることが出来ました!

ネット査定を使えば

無料で今すぐ査定できて

愛車が今「いくらで売れるのか
知ることができて便利です。

愛車の価値を知っていれば、
常に正しい選択ができます。

あの時、買い叩かれなくて、
ホントに良かった・・。

査定結果を見れば、
次の車の選択肢も広がりますよ♪

 

そのネット査定はこちら↓

ei

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ